選択文字列を Twitter の投稿画面に遷移するブックマークレット

URL なしバージョンだと、Twitter 内のツイートをコピーしてそのまま実行して使えて、画像を追加したければ CTRL+C でコピーして左上のボタンで Twitter に移動して『今どうしてる』に貼り付けて通常通りツイートします。



▼ URL ありバージョンの場合は、そのページをツイートしたい場合

▼ URL なしバージョン

▼ URL ありバージョン

選択文字列を取り出すコードは、わりと有名なブックマークレット用のコードです。誰でも転用できます。

ブックマークレット => <a href="javascript:var%20d=document,w=window,enc=encodeURIComponent,e=w.getSelection,k=d.getSelection,x=d.selection,s=(e?e():(k)?k():(x?x.createRange().text:0)),s2=((s.toString()=='')?s:(enc(s))),f='https://twitter.com/intent/tweet',l=d.location,p='?text='+s2+'&url='+enc(l),u=f+p;try{if(!/^(.*.)?tumblrzzz[^.]*$/.test(l.host))throw(0);tstbklt();}catch(z){a%20=function(){if(!w.open(u))l.href=u;};if(/Firefox/.test(navigator.userAgent))setTimeout(a,0);else%20a();}void(0)" onclick=" 
		alert('ブックマークバーまたは、お気に入りバーにドラッグドロップが簡単です'); 
		if (window.navigator.appName.toLowerCase().indexOf('microsoft') > -1) { 
			event.returnValue = false; 
		} 
		event.preventDefault(); 
		event.stopPropagation();
	">選択文字でTwitter投稿</a>

関連する記事

選択文字列を Twitter の投稿画面に遷移させるブックマークレットの内容の解説

Microsoft Edge の場合は、適当な URL をアドレスバーに表示して、その右端にある ★ ボタンでブックマークを作成してから、右クリックからタイトルと URL を変更します。URL に以下のコードをセットすると使用できます。

▼ URL なしバージョン
javascript:var d=document,w=window,enc=encodeURIComponent,e=w.getSelection,k=d.getSelection,x=d.selection,s=(e?e():(k)?k():(x?x.createRange().text:0)),s2=((s.toString()=='')?s:(enc(s))),f='https://twitter.com/intent/tweet',l=d.location,p='?text='+s2,u=f+p;try{if(!/^(.*.)?tumblrzzz[^.]*$/.test(l.host))throw(0);tstbklt();}catch(z){a =function(){if(!w.open(u))l.href=u;};if(/Firefox/.test(navigator.userAgent))setTimeout(a,0);else a();}void(0)

▼ URL ありバージョン
javascript:var d=document,w=window,enc=encodeURIComponent,e=w.getSelection,k=d.getSelection,x=d.selection,s=(e?e():(k)?k():(x?x.createRange().text:0)),s2=((s.toString()=='')?s:(enc(s))),f='https://twitter.com/intent/tweet',l=d.location,p='?text='+s2+'&url='+enc(l),u=f+p;try{if(!/^(.*.)?tumblrzzz[^.]*$/.test(l.host))throw(0);tstbklt();}catch(z){a =function(){if(!w.open(u))l.href=u;};if(/Firefox/.test(navigator.userAgent))setTimeout(a,0);else a();}void(0)



posted by at 2019-01-04 12:44 | ブックマークレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする