DAZ3D の Hitomi に初音ミクのツインテールでコスプレさせたくて、いろいろやった事の記録



まず、MikuMikuDance のデータからどうにかできないかと思って調べてみると、『MikuMikuDance(DirectX9 Ver)』の中『初音ミク.pmd』というモデルデータがあった。



そのままだと初音ミク全体なので、これをどうにか髪の毛だけにできないかと調べてみると、『PMDエディタ』というのがあって、『PMDエディタ 0.1.0.0b(2011/3/8)』をダウンロードして動かそうとしてみた、が、Directx9 がインストールされていないせいで起動できない。Windows7 なので、最新バージョンが入っているのに、Directx9 をインストールしても大丈夫が調べてみると、たぶん問題無いという事が解った。

Windows7にDirectX9.0cをインストールする方法について

まさに、思い通りの質問を Microsoft の内部の方が返答していてくれました。よって、DirectX9 のインストール。

そして無事起動して、readme より削除方法を知る、

------------------------------------------------------------
●パーツの削除
材質単位で関連する、頂点/面/材質/表情/表情枠を削除します。

1. [編集] - [面関連] - [パーツ削除]
2. 削除対象のパーツ(材質)をチェックして実行

適用後、関連頂点が全てなくなった表情/表情枠も対象になります。

※モデル表示の頂点表示/材質編集からも任意のパーツを削除可能です。
------------------------------------------------------------



少しだけ残る部分があるので、『円形範囲』で選択して頂点削除で少しづつ消します。ボーンはどうせなくなるので無視します。



その後、名前を付けて保存するのですが、Blender の 2.63 でロードするので、miku.pmd に名前変更しておきます。Import/export スクリプトは、mqo 用も含めてインストールしておきます。

Blender で pmd を読み込んだら mqo にエクスポートして、メタセコイアのシェアウェア版を使って適当に『曲げる』を使って、テールを後ろのほうに動かします( そのままでは本体と重なりやすいので )。





出来上がったら、保存して再び Blender で読み込んで、今度は obj でエクスポートします( この形式が一番うまく行くようなので )

で、DAZ Studio 4 でインポートするですが、相当スケールが大きいので Scene で選択してスケールを下げて下さい。後は、head の下に移動して微調整です。




【DAZ Studioの最新記事】
posted by at 2012-07-01 20:51 | DAZ Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする