DAZ3D : Lady General ( 将軍 )

ベースは、A4 です。ウェアは、A4 用のものと Genesis 用のものをパーツで組み合わせて使っています。ボディスーツは A4 用なので、皮膚がはみ出てるのを調整するのが結構時間かかりました。しかしまあ、ポーズは既存のものを使ったので、全体からすればそれほどでもありません。 最近は、古いデータを一旦プロパティとして全体を保存して、新しい V4 ベースのフィギュアをロードしてプロパティを適用しています。そうしないと、製品としてモーフがシステムに存在するにもかかわらず、ロードされないです。 ちなみにこのフィギュアもその恩恵で、実は素肌をさらすと筋肉美だったりするのですが、ここでは全く生かせていなかったりします。 SubSurface を使う事によって、光沢のある素材感を引き出す事が最近デフォルトになりつつあります。自分としてはアニメのセカイが基準ですし、後から GIMP で効果を出すにしても光源の効果は多めにあったほうがいいです。 この Genesis の戦闘服はとてもお勧めです。(ここでは、肩ガードと腕ガードとマントを使用)
【DAZ3D DAZStudio イラスト : キャラクタの最新記事】
posted by at 2014-07-11 13:37 | DAZ3D DAZStudio イラスト : キャラクタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする